離乳食に豆腐は使える?

食べこぼしによる肌荒れ、ステロイドに頼るしかないの…?

いいえ、医療現場にも認められている今注目の保湿クリームがこちら!

公式サイトへは以下の画像をクリック!

離乳食に豆腐を使っても大丈夫?

離乳食に豆腐を

タンパク質や大豆はアレルギーの心配がありますが、
離乳食に豆腐を使うことはできるのでしょうか。

 

結論から言うと

 

「少量ずつ与えていけば、問題はありません」

 

 

豆腐は柔らかいし、味に癖もないので食べやすいイメージがありますが、
「大豆」というとアレルギーが心配されます。

 

アレルギーの症状として、発疹や嘔吐、下痢などの症状があるので、
まずは初日は小さじ1さじ食べさせて様子を見てください。

 

消化は良いけど、離乳食を始めたばかりは消化機能もまだ未発達です。

 

美味しそうに食べるからとあたえすぎると、アレルギーでなくても
消化ができずに吐いてしまうことがあるので注意しましょう。

 

 

→知っておきたいアレルギーの知識へ

 

 

柔らかいのですぐ潰すことができるし、用意するのも簡単。

 

夏場など手を抜きたい時や節約料理として、
離乳食じゃなくても豆腐は便利なアイテムですが食事が偏るのはNG!

 

 

また、たまご豆腐などの豆腐や香料などが入っていたり変わっているのは避け、
一般的な絹豆腐や木綿豆腐を選んでください。

 

一度にたくさんは食べきれないので、親が食べる時に離乳食分の豆腐を
取っておくと良いでしょう。

 

できることなら、下記の2つのものを選ぶと良いです。

・遺伝子組み換えでない大豆
・国産大豆

メーカーによっても味や舌触りなども変わってくるので、
美味しいと思える豆腐を離乳食には選んであげてくださいね。

 

 

アレルギーに対して心配で離乳食をなかなか進められないのなら、
医師に相談して、アレルギー検査するというのもアリです。

 

離乳食で豆腐は大活躍してくれます。

 

おかゆやペーストやすりおろした野菜と混ぜれば味を変えることもできるので、
上手に活用していきましょう。