生後5ヶ月からの離乳食の時間

食べこぼしによる肌荒れ、ステロイドに頼るしかないの…?

いいえ、医療現場にも認められている今注目の保湿クリームがこちら!

公式サイトへは以下の画像をクリック!

離乳食をあげる時間帯とタイミング

離乳食を与える時間

 

生後5ヶ月で離乳食を与える時間を
毎日同じにするのは難しいことがありますよね。

 

結論から言うと

 

「初期は午前中のだいたいの時間であげれば大丈夫!」

 

 

離乳食を始めたばかりの生後5ヶ月頃は、
まだまだ寝る時間も多く、授乳したらまたしばらく寝る子もいます。

 

体調・お腹の空き具合・疲れなど、その日によっても違うので、
ハッキリ○時!と決めるのは難しいのです。

 

保育園や幼稚園では、生活のリズムを作っていきますが、
それでも昼寝の時間に寝ない子だっていますからね。

 

 

同じ時間にやるテレビを見せたり、散歩や買い物、お風呂など
1日のリズムを作ったとしても、ずれてしまうことはあります。

 

なので、寝ている時に無理やり起こして与えるのではなく、
いつもだいたい決まっている授乳の前にプラスすれば良いのです。

 

例えば、
必ず8時に起きてしまうけど、授乳後寝てしまって起きるのが何時か・・・
→8時に与える

 

朝何時に起きるかわからないけど、明け方から午前中に2回授乳する
→2回めの授乳前に与える

 

こんなふうに決めていけば良いです。

 

 

ただ、生後5か月の離乳食(1回食)の時間は基本「午前中」です。

 

初めて食べるものでアレルギーが出た時のことを考えた
時間帯なので、これはできるだけ守りましょう。

 

 

仕事をしていて保育園に預けるとなると眠くても起こさなくてはいけないし、
生後5ヶ月でも離乳食の時間はいつも決まっています。

 

しかし、家庭にいる場合は眠くても起こしたりすることがないので、
時間帯がずれてくることがありますが、神経質になることはありません。

 

無理に食べさせても嫌がるし、食べてくれないので、
お腹が空いている時に美味しく食べてくれるようにしましょう。

 

あと、離乳食中は食べこぼしがすごいんですが、
その都度拭いてしまうと、肌が擦れて肌荒れを起こしてしまうんです。

 

 

食事の後にまとめて1回口を拭いてあげて、最後にファムズベビーを塗っています。
これを使ってから肌荒れが減ってるので、この習慣おすすめです^^