生後5ヶ月からの離乳食の食べさせ方

食べこぼしによる肌荒れ、ステロイドに頼るしかないの…?

いいえ、医療現場にも認められている今注目の保湿クリームがこちら!

公式サイトへは以下の画像をクリック!

離乳食を上手く食べてくれない!食べさせ方にはコツがある!?

ファムズベビー体験談

生後5ヶ月で離乳食に気になるのが食べさせ方です。

 

結論から言えば

 

「子どもが食べるのが楽しいと思うことが大切!」

 

 

だいたい生後5ヶ月頃から離乳食をスタートしますが、

 

食べてくれない

嫌がる

上手に食べさせられない

 

などのお悩みを持っているママさんがとても多いです。

 

 

でも、大人だって知らない食べ物を初めて食べる時、
口に入れるまで見つめたり、躊躇したりするし、
口に入れても噛むまでは不安になったりしますよね?

 

赤ちゃんなんて知らないものがもっとあります。

 

食感だって味だって初めてどころか、これから飲みこむ練習です。

 

だから、生後5ヶ月からの離乳食は食べさせ方も工夫が必要で、
飲みこみやすい・食べやすいを心がけましょう。

 

 

とはいっても、難しいことではありませんよ。

 

 

母乳やミルクを飲んでいることを考えて水っぽくして舌触りを良くしたり、

ミルクを飲んでいる子はミルクを少し混ぜてみる。

 

ミルクは人肌にしますが、離乳食も冷たいと食べてくれないことがあるので、

ヤケドしないようにぬるめの温度で食べやすくしてあげる。

 

「あ〜ん」とママが口を開けたりして、赤ちゃんが口を開けたタイミング入れて、

「ごっくん」「上手だね〜」と笑顔で声をかける(褒める)。

 

 

 

こんな感じで、ちょっとしたことを気遣ってあげるだけで変わります。

 

特に生後5ヶ月くらいの離乳食は食べさせ方をあれこれ試したとしても、
まだ早ければ舌で押し出してしまいます。

 

そうするとどんどん食べこぼしで口の周りが汚れていくのですが、
これが湿疹の元になってしまうこともあります。

 

 

私の子どももそうでしたが、赤ちゃん用クリーム「ファムズベビー」を使ってから肌トラブルに悩まされなくなりました。健やかな肌にも肌トラブルの予防として使える万能クリームなので、もう手放せないほど気に入っています。食べこぼしで肌が荒れる前に、お気に入りの赤ちゃん用保湿クリームを見つけておくことがおすすめです。

 

→食べこぼしによる口元のかぶれが治った!