離乳食を始めたら授乳はどうする?

食べこぼしによる肌荒れ、ステロイドに頼るしかないの…?

いいえ、医療現場にも認められている今注目の保湿クリームがこちら!

公式サイトへは以下の画像をクリック!

離乳食を始めたら授乳はどうしたらいいの?

離乳食と授乳

離乳食を始めたら、授乳は減らすべきなのでしょうか。

 

結論から言えば

 

「1歳過ぎまでは無理に減らす必要はありません」

 

 

生後5か月頃から離乳食を始めて、成長と共に大人と同じものを
食べられるようになります。

 

離乳という名前の通り、ミルクや母乳から離れるの?と思うかもしれませんが、
授乳は離乳食が入るので、4〜5回くらいに減ります。

 

寝て起きての生活から、自分で動き回る時間が増えてくるので、
生活も変わってきますよね。

 

 

ただ、離乳食初期の場合はメインは離乳食ではなく授乳です。

 

それが成長と共に食べる量も増えるし、栄養を摂れるのが逆転します。

 

気を付けてほしいのは、離乳食を始めたら食べる時は空腹にして、
きちんと食べる環境を作らないと、満腹では食べてくれないかもしれません。

 

ミルクで調整する場合でも、お腹がある程度満たされれば、
好きでない物は食べてくれないことがあります。

 

そのため、離乳食のあとに授乳するようにしてくださいね

 

もちろん、離乳食を始めたら減らさなくては!と思う必要はないので、
食べた後は普段通り与えても大丈夫です。

 

 

仕事をしたり、いろいろな事情で卒乳・断乳が早い人もいますが、
周りが授乳していないからと言って焦ることはありません。

 

やめられなくて悩んでいる人もいますが、母乳が出る・出ないよりも
子どもにとっては安心するものなのです。

 

 

離乳食が進むごとに、ミルクは3回、2回と減らしていきますが、
母乳は自由に飲ませてあげてください。

 

離乳食の後に授乳することで、飲める量も変わってきますので、
楽しく食事をすることができるようになれば、自然に減っていきます。

 

→離乳食を始めたら歯磨きはどうしたらいいの?