生後5ヶ月で離乳食を嫌がる

食べこぼしによる肌荒れ、ステロイドに頼るしかないの…?

いいえ、医療現場にも認められている今注目の保湿クリームがこちら!

公式サイトへは以下の画像をクリック!

離乳食を嫌がる!そんな時は○○しよう

離乳食を中断

生後5ヶ月で離乳食を始めたけど嫌がる場合、
無理に食べさせたら良いのか不安になりますよね。

 

結論としては、

 

無理に食べさせずに、一度中断しましょう。

 

 

離乳食を始める時期は5〜6ヶ月と言われますが、
成長には個人差があります。

 

親が食べている姿を見て興味津々だったとしても、
口に入れてみたら吐き出してしまうことも。

 

そこで、必死になって口に無理に何度も入れると
大泣きするどころか、食べることが嫌いになってしまいます

 

 

親が怖い顔をしたり、イライラして食べさせるのはよくありません。

 

まだ食べる準備ができていないと、仮に食べれたとしても
消化できないことがあります。

 

舌で押し出してしまう場合は、嫌がっているのではなく
「まだ早い」と言うサインだと思って、数日〜1週間後まで休みましょう。

 

 

親が美味しそうに食べているものは欲しがったりしますが、
初めてのものは嫌がることもあります。

 

でも、大泣きしたり、のけぞるほど嫌がるのであれば、
離乳食に苦手意識ができてしまっているかもしれません。

 

生後5ヶ月の場合は離乳食よりメインは授乳なので、
嫌がるのであれば、今日はおしまい。
数日お休みにしましょう。

 

→よだれは離乳食スタートのサイン?へ

 

 

しばらくたっても嫌がるようなら、おかゆのつぶつぶが嫌だったり、
何かしらの原因があるかもしれません。

 

味が苦手やドロドロ・スープのように薄すぎるのが嫌‥など、
子どもにも食べものには好みがあります。

 

10倍がゆをしっかりすりつぶして舌触りを確かめてみたり、
1口食べさせたら授乳するというように工夫してみましょう。

 

 

5ヶ月からの離乳食なら嫌がることがあっても当然!

 

楽しい雰囲気を作っても嫌がるなら「はい今日はおしまい」で

 

割り切っていけば、親子ともにストレスになりませんよ。