生後5ヶ月の離乳食でえずく

食べこぼしによる肌荒れ、ステロイドに頼るしかないの…?

いいえ、医療現場にも認められている今注目の保湿クリームがこちら!

公式サイトへは以下の画像をクリック!

生後5ヶ月の離乳食で行き詰まり「えずく」んだけど・・・

離乳食を嫌がる赤ちゃん

生後5ヶ月で離乳食を始めて最初の躓きが「えずく」こと。

 

そんな時には

 

「10倍がゆをちょっと工夫してみましょう」

 

 

初めての離乳食でワクワクしていたのに、えずくと不安になりますよね。

 

何度やっても食べてくれないとなると、
自分の作り方が悪いのかとか、おかゆが嫌いなのかと悩むものです。

 

 

10倍がゆは消化しやすいだけでなく、アレルギーが出にくいので
初めての離乳食には最適です。

 

しかし、このおかゆ。

 

説明通りに作ったとしても、舌触りが悪かったりすると飲みこみにくく、
思わずえずく子もいます。

 

特に生後5ヶ月の離乳食は、まだ舌で出してしまうこともあり、
上手に飲みこめないこともあるのです。

 

そのため、しっかりすりつぶしたり、汁の部分だけあげてみて
様子を見てみましょう。

 

 

また、味が好きでない子は普段が粉ミルクならミルクがゆを作ると、
抵抗なく食べることができるかもしれません。

 

気を付けてほしいのは、母乳の子は逆にミルクを入れてしまうと
よけいにえずくことがあるので、嫌がるなら入れないように!

 

 

最近では6ヶ月から始める子もいるし、何をしてもえずく場合には
生後5ヶ月での離乳食は少し早い可能性があります。

 

10倍がゆがダメだから別のものからという考えは、
アレルギーのリスクも高くなってしまうのでオススメできません。

 

 

それなら、1週間遅らせて再度挑戦してみて、
始めるのに一番良いタイミングを見つけるようにしましょう

 

 

えずく=嫌いという理由だけではありません。

 

 

これから少しずつ「食べる」ことを覚えていくので、
まずは第一歩として飲みこめることを目標に進めてくださいね。

 

 

→食べこぼしによる肌荒れにはこのクリームがおすすめ!