生後5ヶ月の離乳食について

食べこぼしによる肌荒れ、ステロイドに頼るしかないの…?

いいえ、医療現場にも認められている今注目の保湿クリームがこちら!

公式サイトへは以下の画像をクリック!

これで安心!離乳食初期のポイント

離乳食を食べるタイミング

離乳食初期は、初めての食べ物に出会う大切な時期ですが、
ママにとっては不安もいっぱいですよね。

 

そこで
「食べさせ方や量など離乳食初期のポイントをまとめました」

 

生後5〜6ヶ月のこれから離乳食を始める方は、

 

ぜひ参考にしてくださいね。

 

 

 

離乳食の回数、量は?

午前中の授乳の1回を離乳食に変えましょう。

 

1日1回1さじから始めるので量的には少ないため、
離乳食をあたえた後は普段通り、授乳をしても大丈夫です。

 

パパのいる夜に離乳食を…と思うかもしれませんが、
アレルギーなどの症状があらわれた時にすぐに病院に行けるため、
午前中のお昼頃がオススメです。

 

 

 

量の増やし方は?

1週間〜10日は10倍粥のみで小さじ3〜4くらいに増やす。

 

その後新しい野菜を1さじ・・・と言うように1か月かけて
小さじ10〜15くらいと量を増やしていきましょう。

 

初めてのものは1さじだけあげて必ず様子を見てください。

 

 

 

何からあげる?

アレルギーが少なく、飲みこみやすいおかゆ(10倍粥)から始めて
慣れてきたら野菜を同じようにドロドロにして与えます。

 

野菜や果実は良いですが、野菜は加熱すること!

 

また、アレルギーを考えて、タンパク質や小麦粉は2ヶ月めからにしましょう。

 

※2ヶ月めからはパンや麺類、豆腐など食べる時に注意するものが
多いので気をつけましょう。

 

 

 

離乳初期は、食べてくれなくても焦ることはありません。

 

逆に食べてくれるからとたくさん与えてしまうと消化が出来ないので、
少しずつ量を増やしていくようにしましょう。

 

舌で出してしまうと言う場合には、哺乳反射が弱まっていないため、
まだタイミングではない可能性があります。

 

6ヶ月くらいからの子もいますので、イライラせず様子を見てくださいね。

 

 

 

離乳食を始めたら、食べこぼしによる肌トラブル対策もしておきましょう。

食べこぼしをすると赤ちゃんは肌荒れを起こしてしまいがちになり、湿疹ができてしまうことがあります。
保湿クリームを塗っておくことで予防できるので、肌にあったクリームを手元に置いておくことをおすすめします。

 

 

→私の使ったクリーム「ファムズベビー」の体験談はこちら